土づくり推進フォーラムのご案内

一般財団法人 日本土壌協会

今後の行事予定

講演会やシンポジウムの開催予定を掲載いたします。

令和3年12月16日(木) 「土づくり推進シンポジウム」 案内チラシ
 会場:「日比谷図書文化館

シンポジウム申込フォーム
   ◆まとまった人数で申込む方:団体用申込書Word

 ※[取材者の方へ]当講演会に取材を希望される方は必ずこちらの取材申込書(wordPDF)をお送りください
   会場の都合により事前申し込みがない場合の取材は受付できませんのでご了承ください

 感染症防止のため、当日、会場内ではマスクの着用をお願い致します。

  お申込み手順
1 参加費を事前に下記表の振込先へお振込み
 
2 振込の証明書(金融機関、ATM等で発行されるレシート明細書や受領証など)を画像データにして申込フォームに添付
3 申込フォームに氏名などを記入して送信
 ※団体の場合は、団体用申込書を送付
  • FAXによる申込みはありません。
  • インターネットバンキングから振込まれた場合は、振込受付の完了画面をスクリーンショットしてください。
  • 複数名で申込む方は、団体用申込書(Word)をメールでお送りください。

  参加費:参加費はすべて振込による事前支払いとなります
       ★お振込み頂いた参加費は返金いたしかねますのでご了承ください。
 講演会   会員: 2,000円  
 一般: 3,000円   
振込先  みずほ銀行 九段支店 普通 2029380
 土づくり推進フォーラム (振込手数料はご負担ください) 

会員価格は下記①②③の会員の方が対象です。
 ① 土づくりフォーラム会員(団体・個人)
 ② 土壌医検定資格登録者
 ③ 土壌医の会全国協議会(準会員を含む)

 会員区分が分らない場合は「お問合わせコーナー」から事前に事務局へお問合せください。


 ★申込締切:12月10日(金)15時まで


講演会日時
  令和3年12月16日(木) 13:30~16:45 
場所
  「日比谷図書文化館」 地下1階 大ホール  
    東京都千代田区日比谷公園1番4号
    (最寄駅:霞ヶ関駅、内幸町駅、新橋駅)
テーマ
  『カリウムの欠乏と過剰による作物生育障害発生の現状と対応』
演題と講師
 ①富山県の主穀作(水稲、大豆、大麦)圃場におけるカリ欠乏発生の現状と対応
   富山県農林水産総合技術センター 農業研究所 土壌環境保全課 副主幹研究員 中田 均 氏
 ②カリ過剰がホウレンソウのシュウ酸含量と「えぐみ」に与える影響
   岡山県農林水産総合センター農業研究所  環境研究室 専門研究員 鷲尾 建紀 氏(土壌医)
 ③トマトのカリ欠乏による灰色カビ病の発生増加とその対応
   北海道立総合研究機構 道南農業試験場 生産技術グループ 研究主幹 小野寺 政行 氏
 ④施設野菜(トマト及び小松菜)産地のカリウム欠乏と対策について ~岐阜県の取り組み
   岐阜県西濃農林事務所 農業普及課 園芸産地支援第一係 技術課長補佐兼係長 市原 知幸 氏(土壌医)
コーディネーター
   東京大学 名誉教授 (一財)日本土壌協会 会長 松本 聰 氏



土づくり推進フォーラム小冊子のご案内
今夏の講演会の代替として発行しました小冊子をご案内します。(フォーラム会員には既にお送りしています)
詳細やお申込みはこちらをご覧ください。

---