一般財団法人 日本土壌協会では、土壌・堆肥の化学性診断について分析結果と作物の収量・品質の関係の解析に重点を置き、作物の収量・品質の向上や生産コストの低減を重視した診断とアドバイスを行っています。

また、近年、土壌病害等に悩まされている産地が多いことから、これについても最新の診断技術を取り入れ、可能なものについては生物性の診断も行っています。

土壌診断の最大のねらいが安定した作物の生産や品質の向上にあることから、土壌の診断のみならず利用している堆肥等有機資材、作物の食味等の品質も診断する必要がある場合があり、その診断も行います。

このように、協会では作物の収量・品質向上に基軸を置いた総合的な診断のメニューを取り揃えています。是非一度ご相談下さい。

 パンフレット(PDF)
 お問合せや見積依頼などは「お問合せフォーム」から送信してください。