一般財団法人 日本土壌協会では、土壌の化学性、物理性、生物性とともに堆肥等有機質資材や作物品質について分析、診断を行っております。特に、土壌の化学性と物理性については、分析結果と作物の収量・品質の関係の解析に重点を置いた診断を行っています。

 

各診断内容の詳細(PDF)  
■土壌化学性診断
■土壌生物性診断
■土壌物理性診断
■堆肥・有機質資材診断
■作物の品質診断
単価表はこちら
パンフレットダウンロード

 

お問合わせ
お問合わせや見積依頼などは、お問合わせコーナーのフォームから送信してください。

 

■ 土壌・堆肥の化学性、生物性等総合的診断メニューの大幅拡充
協会では、このように土壌、堆肥等有機質資材、作物の品質といった総合的な診断メニューを取り揃えていますが、このたび、最近の技術進歩やこれまでの依頼内容等に基づき、メニューを大幅に拡充しました。このほか、協会では個別項目の診断のみでなく、産地に出向いての作物収量、品質向上のための総合的診断と改善対策のアドバイスも行っております。

今回、土壌・堆肥の個別項目の診断メニューにおいて拡充した内容は、緑字で記しています。詳しい内容は「土壌・堆肥の新たに追加した診断項目の解説」をご参照下さい。

産地の土壌診断にあっては、地域の栽培作物の収量・品質の底上げや各種生育障害の改善を図るため、協会スタッフが現地に赴き、関係機関と協議して進めます。産地の作物収量・品質の底上げの場合の基本的な進め方としては、生育の良い圃場と劣る圃場の化学性や物理性の分析、測定結果の比較等により、問題点を明確にし、その改善対策を提案します。また、これらの調査の結果と対策の内容については報告書を作成します。また、必要に応じ報告書の説明会も行います。詳しくは「産地土壌診断の進め方と内容」をご参照下さい。是非一度ご相談下さい。

なお、1サンプル当たりの単価は「土壌・堆肥・作物分析・診断の単価表」をご覧下さい。