全国土壌改良資材協議会

政令指定土壌改良資材の供給量

農林水産省生産局農業環境対策課(単位:トン)

資 材 名
平成17年
平成18年
平成19年
平成20年
平成21年
平成22年
平成23年
 泥  炭
58,798
54,073
56,323
43,514
37,134
48,258
50,241
 バークたい肥
246,429
(210,697)
231,573
(197,995)
236,908
(202,556)
276,308
283,632
(242,222)
287,714
(245,708)
284,429
(242,903)
 腐植酸質資材
14,277
13,207
13,339
14,766
10,044
12,071
13,605
 木  炭
8,848
8,533
8,745
6,766
6,100
6,640
6,192
 けいそう土焼成粒
341
311
217
82
254
241
112
 ゼオライト
27,099
27,360
23,478
20,821
22,951
20,497
30,800
 バーミキュライト
14,487
13,229
13,917
15,662
19,756
20,511
17,797
 パーライト
10,682
12,575
27,916
24,179
31,266
21,383
19,221
 ベントナイト
966
944
1,180
1,219
1,491
930
900
 VA菌根菌資材
36
19
16
15
15
12
11
 ポリエチレンイミン系資材
229
230
231
231
232
235
230
 ポリビニルアルコール系資材
28
24
28
33
94
757
645
合   計
382,220
(346,488)
362,078
(328,500)
382,298
(347,946)
403,596
412,969
(371,559)
419,249
(377,243)
424,183
(382,657)
  1. 本調査は統計法第19条第1項に基づくものである。
  2. 供給量は、当該年の1月から12月の間に生産又は輸入され、農業用に払い出された数量である。
  3. バーミキュライト及びパーライトについては、容量(kl)で報告された数値を重量換算(0.15t/kl,0.2t/kl)した。
  4. バークたい肥については、平成11年から抽出調査に移行したため、悉皆調査を行ったと仮定して換算した数字を上段に記載(平成17~19年:85.5%で割り戻した値、平成21~23年:85.4%で割り戻した値)し、抽出調査の結果を
    下段にカッコ書きで記載した。なお、平成20年調査は悉皆調査で行っている。
お問合せ先

全国土壌改良資材協議会 事務局 
(一般財団法人 日本土壌協会内)


〒101-0051

東京都千代田区神田神保町1丁目58番

パピロスビル6階

TEL:03-3292-7281
FAX:03-3219-1646